見積もり書の把握は必要

業者を選ぶには、相見積もりを比較して……とご紹介しましたが、これも上手に比較していかないといけません。 金額ばかりに目が行かないように、上手く比較していく方法をご紹介します。 会社によって、同じ工事の内容でも見積書の書き方が違います。 なので、結局よくわからず金額の比較しか出来なかったというケースもあります。 実は、リフォームの業界には統一された見積書の形式がなく、同じ工事で相見積もりをとっても人材費と材料費を分けて計算してあるものや部屋ごとに費用が計算されているもの、単位面積あたりの費用を計算しているものなど様々な書き方があるのです。 また、経費の書き方にも様々な種類があります。 「経費の一部を各工事項目にのせてあるもの」「経費の全てを各工事項目に乗せてあるもの」 「経費を工事項目とは別に記載してあるもの」等があり、見積書に記載された「見かけ上」の経費が安いからとその会社を選んでも安いとは限らないのです。 ですので、ピックアップしたいくつかの会社に見積もりを出してもらう時は、費用の出し方を統一して貰うと比較もしやすくなります。 また、時々他の業者にも依頼していることを隠す人がいますが、隠す必要はありませんので他にも依頼している旨を伝えましょう。 見積書には、「一式工事」とまとめて書かれていたりすることがあるので、その工事内容の詳細も確認が必要になります。 「仮設工事」と呼ばれる足場や養生などは、工事が終われば残らないのですが安全な工事をするためには欠かせない大切な物ですので、むやみに仮設工事費用を削るような見積もりだと工事品質が維持できなくなる可能性もありますので、しっかり見ておくポイントになります。 リフォーム業者によって、標準としている工事やそれに付随するサービスは違ってきますし、仕上がり具合や金額も変わってきます。 見積書だけでは分らない部分が多いのは当然ですが、まずは業者としっかり話をして詳しい工事内容を聞くことも大切になってきます。

Copyright(C) リフォームトラブルに合わないために All Rights Reserved.