工事トラブルの原因は

年々増えている「リフォーム工事のトラブル」。 住宅リフォーム・紛争処理支援センターで実施している住宅トラブルや不安を持っている消費者に対しての電話相談窓口「住まいるダイヤル」のデータより、最も多い3つのトラブルと防止策を簡単に紹介します。 まず、どんなトラブルが起きているのかといいますと、「不具合が起きている」「工事内容が契約と違う」「工期が遅れた」、この3つが多く、相談者の半数以降が工事完了後に相談してきているそうです。 「全部終わってから気が付いた」「納得いかない」といった事例が多いことがわかります。 では、それぞれどのように防いでいったら良いのでしょうか。 一つ目の「不具合が起きている」については、外壁のヒビ割れや雨漏り、内壁の汚れや床の変形等があげられており、トラブルになっている原因が、業者側の管理不足や熟練不足による施行不良、無理なコストダウンによる品質低下や官僚検査の未実施などが考えられます。 リフォーム工事は、古い部分を新しく交換したり、腐ってしまっている部分の補修などがあり、いずれも熟練した技術が必要ですので、業者選びの段階でよく考えて吟味して選ぶことが大切になってきます。 訪問販売が来て、ある程度の説明を受けただけですぐその場で決めてしまったり、チラシを見ただけで決めて依頼してしまっては、業者の技術の熟練度や管理体制、工事への態度など細かい部分までは分りませんよね。 また、工事が終わってからの完了検査を必ずやることもとても大切です。 部分的なリフォームで、家に居ても作業が出来るような場合は、養生を剥がすたびに担当者と一緒にその仕上がりを確認していく、などを行うといいでしょう。 無理なコストダウンによる品質低下については、見えないところで手を抜いて安く費用を浮かせていることがあり、数年後に必ず不具合が出てきます。 増築や大規模なリフォームの場合なら、第三者に監督管理を依頼する方法もあります。 リフォーム業者とは違い関係のない設計事務所などに依頼をする方法もあり、中立な立場でチェックをしてもらえるので、品質向上やトラブル防止が期待できるものです。

Copyright(C) リフォームトラブルに合わないために All Rights Reserved.